№114 今話題の「ぱっかんおにぎり」を玄米でチャレンジしました。

マンネリ化しやすいおにぎりですが、あえて具を見せる(魅せる)ことでぐっと華やかになりました🎵見た目もかわいい一口サイズなので、お弁当やおもてなしにも活躍しそうです!
もちろん、玄米との相性ばっちりで、今回の具以外にも、いろいろな味のバリエーションにトライしてみたくなりました!!
ぜひ、お試しください。

number114 2017.10.15 続きを読む »

№113 秋の味覚の秋刀魚のかば焼き丼にチャレンジです。

秋の味覚の秋刀魚のかば焼き丼にチャレンジです。
身がふっくらの秋刀魚に、たれの香りが一層食欲をそそります!少し濃い目のタレが玄米ご飯によく合い美味しかったです。
また、かば焼きに大根おろし?!と思ったのですが、脂ののった秋刀魚にはとてもさっぱりと合いました。
我が家の子供達はウナギより秋刀魚のかば焼きが好き!というほど好評でした(笑)
是非、お試しください。

number113 2017.09.15 続きを読む »

№112 今月は玄米でキンパ(韓国風のり巻き)にチャレンジです。

酢飯ではなく塩とごま油を使うのが韓国風です。
普段の食卓はもちろん、秋の行楽や運動会のお弁当も華やかになること間違いナシです。
お肉の代りに焼き肉のたれで味を付けた油揚げも、野菜や玄米にとっても合いました。
たくあんは拍子木切りだと、歯ごたえがずいぶんあるので、細切りにするのもいいですね。
ぜひ、お試しください。

number112 2017.09.15 続きを読む »

№111 玄米でトウモロコシご飯にチャレンジです。

玄米でトウモロコシご飯にチャレンジしました。
実だけでなく、ヒゲと芯も捨てずに使います。
体がむくみやすい夏に、利水効果の高いトウモロコシとヒゲも使うことで、むくみ解消に繋がります。
今回、白米でも作る機会がありましたが、玄米で作った方がトウモロコシのシャキシャキ感と、玄米の食感とがとても合い、美味しかったです。
風味豊かで、優しい甘さのご飯は、子供にも好評でした。
なまのトウモロコシが出回るこの季節に、ぜひお試しあれ!
※おにぎりにしておやつや軽食にもぴったりですよ!

number111 2017.07.15

◇材料(4人分)
・玄 米    3合
・トウモロコシ 1本(なるべくきれいな黄緑色のヒゲのあるトウモロコシを選ぶ)
・調味料 ・酒 大1.5 ・塩 少々 ・昆布 5㎝程度

number111-01

①玄米は一晩浸水しておく。ザルに揚げた玄米をお釜に入れ、水加減を目盛りよりもやや少なめにセットする。(トウモロコシの水分が出るため)

②①に酒・塩を入れて軽く混ぜ昆布を入れる。

③トウモロコシは実を外し、ヒゲは細かく刻む。芯は半分に折る。

④②の炊飯器に③の実、ヒゲ、芯を入れてスイッチオン。
number111-02

⑤炊き上がったら、芯と昆布を出します。よく混ぜて完成。
number111-03 number111-04

今回は、ゴーヤの酢漬けを添えました。

①ゴーヤを縦半分に切って、種とワタを取ってから1~2㎜の薄切りにしてから少々の塩でもむ。

②①をしばらく置いてからぎゅっと絞ってかららっきょう酢に浸ける。3~5日が食べごろです。

№110 玄米でカレーパエリヤ風にチャレンジです。

玄米を使ってカレーパエリア風?に挑戦しました。
暑い夏に彩り豊かでスパイシーな香りが食欲をそそります。
フライパンで材料を炒めた汁を炊飯に使って、あとは炊飯器にお任せなので、火加減などの面倒なこともなく、手軽にパエリアが楽しめます。
魚介の旨味を玄米がシッカリ吸ってくれました。
付け合わせに、前回作った、乳酸キャベツ(ザワークラウト)にわかめと甘酢を加えて一品。
これまたさっぱりして、カレーパエリアとの相性バッチリでした。是非おためしください。

number110 2017.06.15

続きを読む »

№109 今月は麻婆豆腐丼にチャレンジです。

ヘルシー―な麻婆豆腐を作って玄米ご飯の麻婆丼を作ってみました。
お肉のかわりにキノコをたっぷり使い、味も食べごたえも遜色なし!の麻婆豆腐です。
もちろん、玄米ご飯にも美味しく絡む一品となりました。
豆腐を変えて、麻婆茄子や麻婆春雨…とバリエーションも増えそうです。
付け合わせに、乳酸キャベツ(ザワークラウト)を作りました。
ちょっと辛い麻婆豆腐に、さっぱりした酸味の効いた乳酸キャベツの相性がばっちりでした。発酵食品の乳酸キャベツは、植物性乳酸菌が消化力、免疫力を高め、腸内環境を整えてくれるそうなので、常に食卓に並べておきたいなと思いました。
こちらも、そのまま食べるだけでなく、ハンバーグの種のつなぎや和え物・スープなどアレンジ豊富な上に保存もききますよ!
ぜひお試しください。

number109 2017.05.15 続きを読む »

№108 黒米入り玄米の中華風おこわにチャレンジです。

今月は黒米入り玄米の中華風おこわにチャレンジしてみました。
炊飯器でお手軽に本格的な玄米の中華おこわになりました🎵
見た目は少々黒いですが、黒米効果でモッチリな仕上がりで、風味豊かな美味しいおこわが出来ました。又、筍の食感が美味しさを引き立ててくれました。誰も、玄米と気づかず、美味しい…!美味しい…!
今回は、野菜を添えて、ワンプレートでランチ風にまとめましたが、竹の皮や笹の葉で包んだら、こどもの日のお祝いにぴったりです。
バランスを考えて、豆乳味噌スープを添えました。スープはお好みで…。
是非お試しください。

number108 2017.04.15

続きを読む »

№107 今月は「お花見弁当」を作ってみました。

もうすぐ桜の季節!ということで、「お花見弁当」を作ってみました。
今回は、お料理ブログで一目ぼれした「のりまかず」のお花を作ってみたくて、もちろん玄米でチャレンジ!
季節的にもぴったり、見た目も華やかな「お花見弁当」になりました!
春の食材をたくさん取り入れ、体に良い発酵食品の塩麹で味付けしたりで、純和風のお弁当に仕上がりました。
玄米との相性もばっちりです。
春を愛でながら、春を美味しくいただきませんか?

number107 2017.03.15 続きを読む »

№106 3月は桃の節句 甘酒を使った玄米の手毬寿司にチャレンジしました。

もうすぐ桃の節句ということで、手毬寿司を作りました。
今回は、今人気の甘酒を玄米で手作りして、さらにその甘酒を酢飯の砂糖代わりに使ってみました。
甘酒の甘さが優しく、さっぱりとしたすし飯になり、ネタの味が引き立つような気がしました。
玄米甘酒と玄米のコラボレーションはバッチリでした。
甘酒が苦手な我が家の子供たちですが、甘酒を使っているとは知らず、そして気が付かずに完食しました。
砂糖を使わず体にも優しく、玄米を美味しく食べられる1品がまた増えました!
(*玄米ご飯は液体の寿司酢を使うと吸収しにくいので粉末のすし酢を使ってきましたが、今回は甘酒が糊の役目を果たしているのか酢飯がまとまりました。最後に、「玄米甘酒」の作り方も書きました。参考にしてください。)

IMG_2149

IMG_2150

続きを読む »

№105 玄米のピリ辛丼にチャレンジしてみました。

寒い日が続いているので体が温まるピリ辛味の丼を作ってみました。
いつでも手に入る材料なので作りやすいと思います。
作り方も簡単で、また、コチュジャンの量の調整で、お好みの辛さで美味しく食べて頂けると思います。
濃い目の味付けのおかげで、玄米をあまり感じることなく、また、なぜか箸がすすみ、あっという間に食べてしまいました。
辛みが食欲を増すのかも…。
カプサイシンの効果で体も温まって、寒い冬におすすめです。是非おためしください。

number105 2017.01.15 続きを読む »