花粉症について

木の芽の膨らみや花のつぼみに、春を感じる今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。今回は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…不愉快な症状で悩ませ、近年急激に増えている「花粉症」について調べてみました。

人間は、体に侵入した異物を排除しようとする「免疫機能」を持っています。しかし、免疫反応が過剰に現れると「アレルギー」として、様々な症状を発症します。花粉症もその一つです。体内に侵入した花粉は、人体にとっては異物なので、それを排除するための様々な反応が出るのです。

花粉症の原因としてはスギ花粉が有名ですが、実際に花粉症を引き起こすのはそれだけではありません。

・スギ:2月〜4月

・ヒノキ:4月〜5月

・シラカバ:4月〜6月

・イネ科植物:6月〜8月

・ブタクサ、ヨモギ等:8月〜10月

このように日本国内ではどの地域でも、植物の違いはあれど、1年中何らかの花粉が飛散していることになり、もはや花粉症は「通年病」になりつつあります。

また、花粉の特徴によって症状が変わる場合もあります。春のスギ花粉は、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされていますが、秋の花粉症の原因の一つ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入って喘息のような症状を引き起こすケース もあるようです。

花粉症は、ストレスや睡眠不足、そして特に、生活習慣の乱れや腸内環境の悪化で、腸内細菌のバランスが崩れると、アレルギー症状を起こしやすくなると言われています。腸には免疫細胞の7割が集まっていますので、腸内環境を整えれば免疫細胞が正常化され、花粉症の改善や予防に繋がります。

腸内環境を整えるには、善玉菌が好むオリゴ糖や、納豆やキムチ等の発酵食品、ごぼうや切り干し大根、さつまいも等の食物繊維を多く含む野菜を積極的に摂っていくことが大事です。さらに、歯の形に合った食べ物(穀類5・野菜2・魚介肉1)を摂ることで、咀嚼しやすく、消化吸収しやすく、毒素も発生しにくくなります。こういった食事によって腸内環境が守られ、腸内細菌のパワーをアップさせます。

さあ、花粉症にも負けない腸内環境を作ってまいりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 花粉症について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
花粉症についてあっと驚く玄米レシピ

    None Found

Comments are closed.