熱中症(暑気(あつけ)・霍乱(かくらん))について

天の川が美しい季節、皆様お元気にお過ごしでしょうか。今月は「熱中症」について調べてみました。

熱中症は、気温や湿度が高い場所に長くいると、体温調節機能がうまく働かず、体の中の熱を外に逃がすことができなくなり、体内に熱が溜まり、体温が上がったり、急に沢山の汗をかいたりして、体の水分や塩分が失われて起こります。

次の症状が出たら熱中症のサインです。

①  めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてる等の症状が出る。一時的に意識が遠のく、顔面蒼白、腹痛等の症状が出る場合もある。

②  筋肉痛や筋肉の痙攣

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつる等の症状が出る、筋肉がピクピクと痙攣する、硬くなる等がある。

③  体のだるさや吐き気

ぐったりし力が入らない。集中力や判断力の低下、吐き気やおう吐、頭痛等を伴う場合もある。

④  汗のかき方がおかしい

拭いても拭いても汗が出る、又は全く汗をかかない等、汗のかき方に異常が出る場合もある。

⑤  体温上昇・意識障害

体温が高い、皮膚がとても熱い、反応しない、おかしな言動、まっすぐ歩けない等の時は重度なのですぐ医療機関の受診を。

しかし、熱中症は正しい知識があれば予防することができます。

・「気温と湿度」を気にしよう

今いる環境の気温や湿度をいつも気にしよう。屋内では、日差しを遮ったり風通しを良くして、気温や湿度が高くなるのを防ごう。また熱中症指数も気にしよう。

・「室内」を涼しくしよう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げよう。過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢しない。

・「着るもの」を工夫しよう

衣服は麻や綿等の通気性のよい生地を選び、下着には吸水性や速乾性に優れた素材を選ぼう。

・「睡眠環境」を整えよう

通気性や吸水性の良い寝具を使ったり、エアコンや扇風機を適度に使い、就寝中の熱中症を防ぐと共に、ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しよう。

・こまめに「水分補給」をしよう

出掛ける時は、飲み物を持ち歩き、喉が渇いていなくても、こまめに水分を摂ろう。スポーツ飲料は、水分の吸収がスムーズで、汗で失われた塩分の補給に繋がります。ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強いので避けよう。

・「腸内環境」を整えよう

腸内環境の乱れは、体温調節等を司る自律神経のバランスを崩し、その結果熱中症にかかりやすく、さらに悪化しやすくなります。善玉菌が好む発酵食品や食物繊維、オリゴ糖等を積極的に摂ることで、腸内環境が整い熱中症にかかりにくい体作りに繋がります。

さあ、以上の対策を心がけて、猛暑にも負けず元気に夏を過ごしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 熱中症(暑気(あつけ)・霍乱(かくらん))について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
熱中症(暑気(あつけ)・霍乱(かくらん))についてあっと驚く玄米レシピ ~家族に玄米を!!~

    None Found

Comments are closed.