「デトックス」について

「デトックス」について

実りの季節を迎え、食べ物が一段とおいしく感じる今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。近年雑誌等で、よく取り上げられている「デトックス」について調べてみました。

大気汚染、食品添加物、環境ホルモン等たくさんの有害物質を、私達は知らず知らずのうちに体内に取り込んでいます。その体内に蓄積された有害物質や老廃物(毒素)を体の外へ出すことを「デトックス」というそうです。ではどうしたらデトックスができるのでしょうか。

まずは代謝を上げるということです。代謝には…

●「基礎代謝」(臓器を動かす、呼吸する、消化活動等、人間が生きるために必要なエネルギーを作る活動)

●「新陳代謝」(体内の古い細胞を排出し、新しい細胞に入れ替わること)

どちらも酵素がなければ代謝活動を行うことができません。

体内で作られる酵素には…

◆「消化酵素」(口から入った食べ物を分解し栄養素を吸収できる状態にする働き)

◆「代謝酵素」(全ての生命維持活動(基礎代謝・新陳代謝)を行う)

1日に作られる酵素の量は決まっているので、消化に多くの酵素を使うと、代謝酵素を減らすことになり、代謝の悪い体を作ることになります。つまり代謝を上げるためには、消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすことです。そうすれば、基礎代謝が高くなることで脂肪が燃えやすくダイエットにも繋がり、新陳代謝も活発になることで美肌効果や老化防止になります。消化酵素を節約するには、消化の良い日本古来の和食が一番です。昔から「吸収は排泄を阻害する」と言われ、食べ過ぎや胃腸に負担のかかる食事をすると、消化吸収に体は働いてしまい、毒素の排泄が疎かになるそうです。反対に「食べないことは排泄を促す」と言われています。

次に毒素は、便(75%)、尿(20%)、汗・爪・髪等(5%)から出ていくと言われ、便からが一番排出されています。毒素を効率よく出すには、常に腸内環境を整えることが大切です。善玉菌が喜ぶ発酵食品や食物繊維やオリゴ糖を多く含む食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

デトックスの方法としては、ファスティング(プチ断食)が一番有効です。大隅良典教授が2016年ノーベル医学・生理学賞を受賞した「オートファジー」がその科学的証明の一つです。

さあ体の中の大掃除「デトックス」でアンチエイジングの体を手に入れましょう! 次号はファスティングについて調べようと思います。防止になります。消化酵素を節約するには、消化の良い日本古来の和食が一番です。昔から「吸収は排泄を阻害する」と言われ、食べ過ぎや胃腸に負担のかかる食事をすると、消化吸収に体は働いてしまい、毒素の排泄が疎かになるそうです。反対に「食べないことは排泄を促す」と言われています。

次に毒素は、便(75%)、尿(20%)、汗・爪・髪等(5%)から出ていくと言われ、便からが一番排出されています。毒素を効率よく出すには、常に腸内環境を整えることが大切です。善玉菌が喜ぶ発酵食品や食物繊維やオリゴ糖を多く含む食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

デトックスの方法としては、ファスティング(プチ断食)が一番有効です。大隅良典教授が2016年ノーベル医学・生理学賞を受賞した「オートファジー」がその科学的証明の一つです。

さあ体の中の大掃除「デトックス」でアンチエイジングの体を手に入れましょう! 次号はファスティングについて調べようと思います。

№125_18.10gatu

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「デトックス」について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「デトックス」についてあっと驚く玄米レシピ ~家族に玄米を!!~

    None Found

Comments are closed.