花粉症について

木の芽の膨らみや花のつぼみに、春を感じる今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。今回は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…不愉快な症状で悩ませ、近年急激に増えている「花粉症」について調べてみました。

人間は、体に侵入した異物を排除しようとする「免疫機能」を持っています。しかし、免疫反応が過剰に現れると「アレルギー」として、様々な症状を発症します。花粉症もその一つです。体内に侵入した花粉は、人体にとっては異物なので、それを排除するための様々な反応が出るのです。

花粉症の原因としてはスギ花粉が有名ですが、実際に花粉症を引き起こすのはそれだけではありません。

・スギ:2月〜4月

・ヒノキ:4月〜5月

・シラカバ:4月〜6月

・イネ科植物:6月〜8月

・ブタクサ、ヨモギ等:8月〜10月

このように日本国内ではどの地域でも、植物の違いはあれど、1年中何らかの花粉が飛散していることになり、もはや花粉症は「通年病」になりつつあります。

また、花粉の特徴によって症状が変わる場合もあります。春のスギ花粉は、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされていますが、秋の花粉症の原因の一つ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入って喘息のような症状を引き起こすケース もあるようです。

花粉症は、ストレスや睡眠不足、そして特に、生活習慣の乱れや腸内環境の悪化で、腸内細菌のバランスが崩れると、アレルギー症状を起こしやすくなると言われています。腸には免疫細胞の7割が集まっていますので、腸内環境を整えれば免疫細胞が正常化され、花粉症の改善や予防に繋がります。

腸内環境を整えるには、善玉菌が好むオリゴ糖や、納豆やキムチ等の発酵食品、ごぼうや切り干し大根、さつまいも等の食物繊維を多く含む野菜を積極的に摂っていくことが大事です。さらに、歯の形に合った食べ物(穀類5・野菜2・魚介肉1)を摂ることで、咀嚼しやすく、消化吸収しやすく、毒素も発生しにくくなります。こういった食事によって腸内環境が守られ、腸内細菌のパワーをアップさせます。

さあ、花粉症にも負けない腸内環境を作ってまいりましょう。

№118 今月は玄米でお手軽サバ缶炊き込みご飯のおにぎりにチャレンジです。

サバ缶を汁ごと使って、サバの栄養がギュッ!
DHAたっぷりで、受験生や認知症予防にピッタリです!
サバの旨味と生姜が効いていて、魚があまり好きではない子供達も美味しくいただけました🎵
ぜひお試しください。

number118 2018.02.15

◇材料(4人分)
・玄米  3合
・しめじ(小) 1株
・サバ水煮缶(190g) 1缶
・切干大根  10g
・人参    半分
・生姜    1片
・三つ葉   適量
・調味料(酒 大2・醤油 大2・みりん 大2)

①玄米は一晩浸水してザルに揚げる。

②サバ缶を開け、煮汁と身に分ける。
③切干大根は揉み洗いして2㎝ほどに切り、②の煮汁に入れる。
④人参と生姜は千切り、しめじは石づきを落として小房に分ける
number118-01

⑤お釜に、玄米と③の煮汁、調味料を入れてから、目盛りまで水を入れてよく混ぜる。
number118-02

⑥人参、しめじ、生姜、サバの身を乗せて炊飯開始。
number118-03

⑦炊き上がったらサンバの身をほぐしながら、全体をよく混ぜる。
number118-04

⑧おにぎりにして、三つ葉をのせ完成🎵
number118-05 number118 2018.02.15

体を温める

立春とはいえまだまだ寒さ厳しい今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。寒い季節、身体も一層冷えやすくなりますよね・・・今回は「体を温める」について調べてみました。

「冷えは万病のもと」とよく言われますが、免疫力と体温には深い関係があるそうです。人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くようにできています。体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウンし、免疫に関わる腸の働きも低下します。また、ガン細胞は35度で最も増殖する性質があると言われています。そういったことから、低体温は、生活習慣病やアレルギー、鬱、ガン等、様々な病気を引き起こすと言われています。

逆に体温を1度上げると、免疫力は5~6倍アップします。体温が上がることで血液の巡りが良くなり、消化・吸収・代謝の一連の流れも良くなります。さらに一連の流れの中で最も重要な働きをする酵素が一番働きやすい環境に整うので、体温を上げることが免疫力アップに繋がります。

では、どうすれば体温を上げていくことができるのでしょうか。

①  継続的に運動する

自分で発熱をする力をつけるようにしましょう。そのためには、筋肉が必要です。体温の40%が筋肉で作られ、さらに筋肉の70%以上は下半身に集中しています。つまり体温を上げるには、下半身の筋肉量を増やすのが効果的です。スクワットやウォーキング、日常生活でも、なるべく階段を上る、家事や庭仕事を積極的に行う等、ほんの少しの工夫で運動する機会を作ることができます。なお、筋肉が増えることで基礎代謝が上がるといわれています。

②  入浴方法の見直し

シャワーで済ませる人も多いようですが、必ず湯船に浸かりましょう。冷えを防ぐには、ぬるめ(38~40℃)のお湯にゆっくり浸かることが大事です。熱いお湯(40℃以上)に入ると交感神経が優位になり末梢血管が収縮し、体の芯まで温まりづらくなります。逆に、ぬるめのお湯は副交感神経が優位となるため、リラックスした状態となり、末梢まで血液が行き届きやすくなります。

③  食事の改善

基本的に夏取れる野菜は体を冷やす作用があり、冬に取れる根菜類には体を温める作用があります。ですから、その土地のその季節に取れる物を食べるのが一番いいのです。また発酵食品には体の代謝を良くするため体を温めます。代表的なものは、味噌や納豆、醤油、漬物等です。

インフルエンザやノロウィルス等ウイルスが猛威を振るう冬だからこそ、体温を上げることは非常に大切ですよね。「体を温める」ことを常に心がけて、恒常的に体温36度5分以上に保てるよう、日頃から努力してみましょう!

№117  玄米で焼きおにぎりにチャレンジです。

じっくり焼き目を付けた焼きおにぎりは香ばしくてたまりません!寒い季節…お茶漬けで楽しんでもいいですね。
ネギ味噌は、ネギをたっぷり使って味噌との相性もばっちりです。おにぎりの具として中にくるんだり、ご飯のお供としても使えるのでネギが余った時は作り置きしておきたいと思いました。
醤油麹は初めて使ってみましたが、麹の甘味と旨味で使い方自由自在の万能調味料に驚きました。
今回は塗って焼くだけだったのにとても美味しくできました。玄米なので、より香ばしく感じました。
みなさまぜひ!お試しください。

number117 2018.01.15

続きを読む »

№116  玄米でおこわ風黒豆おにぎりにチャレンジです。

お正月に余りがちな黒豆煮とお餅を使って、リメイクご飯!
ほんのり甘く、子供のおやつや軽食にもいいなと思いました。
お餅の効果で、玄米がモチモチして美味しいです。ちなみにお餅は玄米餅を使いましたが、普通のお餅でもOKです。
黒豆、お餅が残ったときは、是非お試しください。

number116 2017.12.15 続きを読む »

食べ過ぎに注意

気持ちも新たに、清々しく新年を迎える季節となりました。皆様が、戌年だけにワンダフルな1年を過ごせますように…。そんな願いを込めて今年もかわら版を届けていきたいと思います!

今回は、年末年始に特に気を付けたい「食べ過ぎ」について調べてみました。

なぜ食べ過ぎはよくないのでしょう。酵素は、「消化」と「代謝」の役割がありますが、一日で作られる酵素の量は決まっているので、「消化」に多くの酵素を使うと、「代謝」に使える酵素が少なくなります。そうなると、代謝不足になり、私たちの体の中で様々な弊害が起こり、病気になりやすくなります。食べ過ぎによって、大切な酵素をたくさん「消化」に使うと、体の機能を維持するための「代謝酵素」が足りなくなってしまうということなのです。

「人の寿命は体内の酵素の量によって決まる」さらに「酵素の量は人それぞれ一生涯の生産量が決まっている」と言われています。例えて言えば、酵素はバッテリーのようなもので、そのバッテリーが切れた時が、すなわち死が訪れる時なのです。そうならないように、食べ過ぎて、消化に多くの酵素を費やすのではなく、代謝に多くの酵素をまわせる食生活=消化酵素の節約を心がけていきたいですね。そうすれば代謝酵素によって、健康や若さを保ち、生活習慣病やがん等の病気の予防につながるのです。

消化酵素の節約には、米(玄米)を主食に食物酵素を多く含むもの(生野菜や発酵食品)を摂り、歯の形に合った食べ物(穀類5・野菜2・魚介肉1)を摂ること。そして何より腹八分に抑えることが大切です。

また「酵素栄養学」では、1日の生理リズムを次のように考えています。

①   午前4時~昼12時=排泄

疲労物質・毒素・老廃物を体外へ出す

②   12時~午後8時=消化(吸収)

摂取した食物の消化量が高まり活動力がアップする

③  午後8時~午前4時=代謝

1日の活動の疲れを取り翌日の準備をする。睡眠中は新陳代謝が活発になる

例えば①の時間に、食べ過ぎや消化の悪いものを摂ると排泄が抑えられてしまうので朝食は消化の良いものを軽めに、夕食は午後8時までに終える等、酵素を効率よく活用できる体の生理リズムに合わせて生活する工夫もいいですね。

さあ!消化酵素の節約と生理リズムの活用で、いつまでも若々しく元気に過ごしませんか。

№115 今月は玄米でくるくるいなり寿司にチャレンジです。

今月はいなり寿司の形を変えて、玄米で「くるくるいなり寿司」にチャレンジしました。
少々手間はかかりますが、見栄えするので、クリスマスパーティやお弁当にも活躍しそうです!
また、ご飯に混ぜ物をしたり、具を変えたりとアレンジもいろいろ。今回はシンプルに海苔と薄切りキュウリの具で作りましたがキュウリが以外と歯ごたえが良くさっぱり食べられました。
我が家の子供達は、クルクルしただけでいつもより美味しく感じたみたいです(笑)
今回2等分にしたら、上品な口には少々大きく、食べづらかったので、3等分や4等分にしても良いと思いました。
ぜひお試しください。

number115 2017.11.15 続きを読む »

№114 今話題の「ぱっかんおにぎり」を玄米でチャレンジしました。

マンネリ化しやすいおにぎりですが、あえて具を見せる(魅せる)ことでぐっと華やかになりました🎵見た目もかわいい一口サイズなので、お弁当やおもてなしにも活躍しそうです!
もちろん、玄米との相性ばっちりで、今回の具以外にも、いろいろな味のバリエーションにトライしてみたくなりました!!
ぜひ、お試しください。

number114 2017.10.15 続きを読む »

№113 秋の味覚の秋刀魚のかば焼き丼にチャレンジです。

秋の味覚の秋刀魚のかば焼き丼にチャレンジです。
身がふっくらの秋刀魚に、たれの香りが一層食欲をそそります!少し濃い目のタレが玄米ご飯によく合い美味しかったです。
また、かば焼きに大根おろし?!と思ったのですが、脂ののった秋刀魚にはとてもさっぱりと合いました。
我が家の子供達はウナギより秋刀魚のかば焼きが好き!というほど好評でした(笑)
是非、お試しください。

number113 2017.09.15 続きを読む »

№112 今月は玄米でキンパ(韓国風のり巻き)にチャレンジです。

酢飯ではなく塩とごま油を使うのが韓国風です。
普段の食卓はもちろん、秋の行楽や運動会のお弁当も華やかになること間違いナシです。
お肉の代りに焼き肉のたれで味を付けた油揚げも、野菜や玄米にとっても合いました。
たくあんは拍子木切りだと、歯ごたえがずいぶんあるので、細切りにするのもいいですね。
ぜひ、お試しください。

number112 2017.09.15 続きを読む »